人材採用と定着率

トップ■【人材採用】 > 人材採用と定着率

 

人材採用と定着率

会社の業績を上げたいのなら、社員やスタッフの定着率を上げることだ。


採用に失敗し、すぐに辞める人材を採用してしまうことで、採用費や教育コストなど、採用成功時に支払わなくて良い費用を支払う必要がある。


さらに言えば、最も経営に打撃を与えるのが時間だ。これは経費のように誰の目にも見えるモノではない。しかし、確実に会社を裏から蝕んでいくのである。そして、気づいたときには手遅れになっている事も多い。


新卒採用でも中途採用でも、入社後の一定期間は必ずその採用した人に関しては、赤字の期間がある。黒字化するのは中途でも入社数ヶ月後だ。そして、黒字化したあともしばらくは赤字時代の補填をする。


最終的に本当に会社に利益を出して貰えるのは、それが終わってからだ。しかし、定着率が悪いとこの時点で辞める。(1年以内、半年以内の退職はどの中小企業も経験しているだろう)

経営コンサルタントから戦略や戦術を学ばなくても、普通の企業が売上をアップさせるなら、優秀な社員を採用し、長く働いてもらえば良いのである。


採用と定着に関して、採用公式ブログ「採用の教科書®」に記載した。


興味があれば、読んでみると良いだろう。

経営コンサルタント採用活動を改善し、定着率を上げ離職率を下げよ




同じカテゴリー(■【人材採用】)の記事画像
KBCラジオに出演します。聴けばだいjob!げんき企業応援隊
月刊誌での新連載依頼がありました
同じカテゴリー(■【人材採用】)の記事
 面接研修講師や採用セミナー向けアメブロを開始 (2011-12-31 16:08)
 KBCラジオに出演します。聴けばだいjob!げんき企業応援隊 (2011-01-26 13:21)
 月刊誌での新連載依頼がありました (2010-11-06 16:13)

このエントリーをはてなブックマークに追加 いいね
追伸
面接成功企業続出の採用マニュアルの一部が【無料】公開中
 
アクセスアップ方法インターネットからの集客方法はこちら

 

集客方法