社労士事務所への就職

トップ > 社労士事務所への就職

社労士事務所の1日(20代の社労士開業への決意vol12)

11.社会保険労務士事務所の1日


私が社労士として事務所に勤務していた時のスケジュールをお見せします。

私が働いていた事務所はクライアントを担当毎(主に地区を基準)に振り分けます。最初は新人なので担当無しで先輩たちのお手伝いのような仕事をしてましたが、半年後には古株になったために50社ほどを担当していました。正直、最初は分からない事も多く本当に大変でしたicon41


仕事も18時などに終わることはなく、ほぼ毎日24時くらいまで働いてましたし、繁忙期には3時までなんて時もありましたが、あの時期を乗り越えた事が一つの自信につながったと今では思います。face01


ある一日

9:00  事務所に出社しPCを立ち上げる。タスクリストを見ながら今日のスケジュール
      を考える。
      ※当時はmailicon30を使用して仕事はしていませんでしたのでメールチェックは無

9:15  前日に作成した何社かの資格取得届や労災申請書、資格喪失届・離職票など
      をトレイから取り出し、出発準備。ハローワーク→社会保険事務所→労働基準
      監督署と「行き先掲示板」に記載し、事務所の車に乗っていざ出発icon17icon108
      ※午前中の方が、役所の受付が空いてるため待ち時間が短いicon59

10:30  途中で事務所から携帯電話に連絡icon82があり、「●●社さんへ電話をしてくだ
       さい」との伝言を受ける。電話をしたところ社長が「年金請求の件で相談した
       い」とのことだったので午後にアポイントを取る

11:00  帰りがけに昨日アポイントを取っていた■■社さんへ訪問し、取得した健康
       保険証を担当者に手渡す

11:30  事務所に戻り、●●社さんの社長の生年月日などを調べ、事前準備icon91icon63

12:00  いつもの「ほかほか弁当」で弁当を買って食べる。
       さすがに飽きてきた・・・新メニューが待ち遠しいface05

13:00  ●●社さんへ到着し、社長の年金の件で相談にのると、年金請求手続きの代行
       を受けることに。持ち歩いてる委任状に印鑑をもらい、年金手帳を預かり帰る。
       誕生日の関係で申請は2週間後(こちらから気づくべきだったと少し反省icon198

15:00  ××社さんの安全衛生委員会立ち上げのために先生に同行。前日に作成
       してた資料でハインリッヒの法則などをプレゼンする

17:00  年度更新が近いため、預かってきた給与明細一覧をもとに年度更新用の書類
       を数社分作成。残りは後日!!

21:00  明日の朝は西の外れにある会社に直行するために事務所の車で帰宅icon17icon108
       帰りに晩御飯を食べて家につく。親戚が経営する会社から依頼されていた
       就業規則の作成に取りかかる。(当然無償)
     
24:00  明日は朝が早いので就寝face04


 これはほんの一例です。私が働いていた事務所は担当者に色々と任せてましたので、経験できる業務の幅が広かったと思います。ただ、言えることは社労士事務所で働く勤務社労士の人たちは皆さん勉強熱心だったと感じます。将来見据えてる目標が高いためかもしれませんが、自己啓発や専門性を高めるために勉強をしている人が多かったです。

 私がサラリーマンをしてみて、企業で働いてる事務系の人で自己啓発や専門性を高めるために自分の時間を割いて勉強している人は少ないと感じたのも事実です。
ただこれは私が新卒で育ったこの社労士事務所の環境が偏見を生んでいるのかもしれませんが・・・・

 どんな仕事をしていても、昨日より今日の方が成長している自分を感じたいし、感じるための努力をし続けたい。今後も頑張りますのでよろしくお願いしますicon59  


社労士事務所勤務開始(20代の社労士開業への決意vol11)

10.社会保険労務士事務所で勤務開始


2001年1月(当時、23歳)社労士事務所の一員としての仕事を開始しました。事務所の規模は先生を含めて計7人。社労士事務所としては大きな規模と言えます。

社労士の資格を持った先輩もいたのですが、そのうちの1名が新卒の私にビジネスマナーや仕事の仕方、社労士の業務など色々と教えてくださいました。

出会いとは本当に偶然なものです。一緒に働いた期間は半年ほどですが私の一生に関わるビジネス感を学ぶことができました。今の私があるのもこの先輩のおかげで本当に感謝をしてもしつくせないほどです。
今は既に独立開業をされてますが、福岡の社労士の先生として尊敬できるかたですので、何かあれば是非ご相談をしてみてください。サイトはこちら


話は独立に変わりますが、、、
私は20代で独立するスケジュールを当初は以下のように決めてました


23歳・・・社労士試験に合格し、社労士事務所に就職
26歳・・・3年間で業務を全て覚え退職し、独立資金稼ぎと会社経営の中身を知るため
      にある程度の規模の企業に転職する
27歳・・・1年間で転職した企業から目的としていた上記内容を学び退職し、独立開業


しかし、人生とは予想通りには行かないものであり、だから楽しくもあります。


そして以下が実際に進行したスケジュールです


23歳・・・社労士試験に合格し、社労士事務所に就職
25歳・・・プロフィールにも書いてますが、事務所内で色々とありまして入社半年後
      には最も古株となり、あらゆる社労士業務を経験することになります。
      結果、1年半ほどで業務を全て覚え退職。独立資金稼ぎと会社経営の中身
      を知るために大手メーカー系の企業に転職するも、なぜか本社配属となり、
      関東に赴任
27歳・・・独立を考えていたが福岡への転勤話があった。組織が大きいためまだ目的を
      達成できていなかったのと、開業資金を貯めるため会社に留まることを決意
29歳・・・独立開業のため会社に退職の意思表示。現在、開業の準備中


予定より2年ほど狂いましたが採用や研修に関する知識を取得できたり多人数の組織でPJを遂行するすべを学べたりと、得るものは大きかったのでまったく後悔はしていません。むしろうまくいってると思ってます(私は物事を前向きに考えるようにしてます(笑))

さて、次回は社労士事務所って1日にどんなことをしているのかを掲載いたします。
ではまた次回icon59  


社労士開業への決意vol10(社労士事務所就職活動3)

本日、2回目の更新ですicon59


9.社会保険労務士事務所への就職活動(面接編)


前回、飛び込み営業のような方法で何とか面接までこぎつけた私は遂に面接日を迎えました。面接会場の社労士事務所に到着すると、まずは30分ほどの適性試験を実施、その後面接へと移行しました。面接官はその社労士事務所の先生ほか1名の合計2名。2対1のよくある面接パターンです

私は面接で、自分の今までの考えや思いを力いっぱいぶつけました。そして面接が終了した時には先生の反応から合格を確信しました
面接が終了した頃に先ほどの適性試験の結果が到着したもよう。その適性試験の結果を見るために別の部屋に行って帰ってきた先生の顔を見た瞬間に嫌な予感がしました。face07そしてその予感は的中


後日、

不合格通知が郵送で到着したのです。


私はある会社の人事部長から良くしてもらっていて、就職がなかなかうまくいってないことを相談しました。驚くことに、その人事部長と私が受験した社労士の先生が知り合いだったのです。そして、人事部長は「分かった」と言ってその先生に電話で不合格の理由を聞いてくれました。

数分後に理由が判明。面接は良かったがやはり適性試験の結果が良くなかったとのこと。
SPIのような能力試験ではなく完全に性格のみの試験でした。その中の一つの項目が問題だったのです。その項目とは・・・「従順性」。要は従順性が低いため、YESマンではなく組織の一員としては扱いづらいと判断されたのです。

つまり独立開業には良いが事務職員として雇うにはNGとの結果でした。

肩を落として家に帰りましたが、相変わらず社労士事務所への就職を諦めてはいません。弱点は克服すれば良いだけであり、まずは試験問題を思い返してみました。そうすると、記憶の中に明らかに従順性を問うような問題があったのを思い出しました。そして思ったのです。

あの問題の回答を逆に答えただけで就職できたんだと・・・

ここで当時の私の価値観は180度変わりました。実際に働いてもないのに、従順性だけで落とされてたまるかicon59と(ただ、私は独立する事が目標のため組織への定着性とも相関のある従順性が無いのは事実。それを見抜くとは良い試験です)

そして就職活動をおこなうにあたって一つの結論に行き着きました。

面接を受ける側の立場は弱い。
100%本音をぶつけても相手の価値観に合わなければただ敗北するだけだと。


その後、私は就職に関する本を片っ端から読みました。
しかし、マニュアル人間になるつもりも無かった。

 私はただ、就職面接に関する知識として知りたかっただけです。知らないより知ってた方が良い、ただそれけの理由ですがこの知識を仕入れるという考えは今後の私のビジネス感にも大きな影響を与えました。

 ある程度の知識を入れて私はまた電話帳を片手に電話をしつづけました。そしてまた1件、ちょうど人材を募集しようとしてた事務所に運よくあたったのです。面接は電話をした翌日に決定。

 翌日、面接を受けたあとに適性試験に移行。その試験を見て私は驚きました。前に受けた適性試験とまったく同じ試験ではないですかface08

 社労士事務所ではスタンダードなのかicon66という疑問を胸にし、従順性と相関のありそうな問題は気をつけて回答しました。

そして1ヵ月後にその社労士事務所で働くことが決定。私の第一ステージがついに始まります

次回へつづく・・・  


社労士事務所就職活動2(20代の社労士開業への決意vol9)

8.社会保険労務士事務所への就職活動(発想編)


前回、社会保険労務士事務所への就職のために通常考えられる方法を駆使して活動をおこないましたが結果はまったく駄目。

どうしたものかと悩んでましたが、諦めるつもりはさらさら無くここで発想の転換をしてみました。


企業の求人情報が社外に公開されるまでの流れを考えてみたところ一つの発見がありました。

リクナビやリクナビNEXT、求人情報誌やHPでの募集など媒体への求人広告のためには全てあるきっかけが必要です。通常、採用のための媒体掲載には以下のフローで進みます。


 1.経営TOPが今後の会社のあり方を考え人員増加を決意する

 2.経営TOPが人事部長などに人員増加の指示を与える

 3.人事部長→採用チームに指示を与える

 4.採用チームがどの媒体に掲載するかを考える
  (もしくは媒体を使用せずに成功報酬型の人材紹介会社のみに連絡する)
 5.広告会社から見積もりを取得

 6.発注してよいかの決裁申請

 7.決裁承認

 8.原稿作成のためにライターから取材を受ける
  (もしくは採用チームが原稿を作成して広告会社に送付)
 9.広告会社から初稿があがってくる

10.修正を何度か加えて、完成

11.公開日を待つ

12.公開


企業規模によっては、フローが飛んだりもしますが、通常上記の流れで求人情報は社外に出ます。12の公開までの時間は最短でも2~3週間。つまり経営TOPが「人が欲しい」と考えた2~3週間後にやっと社外に公開されます。遅いicon59というわけではないですがそれを待ってたんでは他の求職者との差異化が出来ないのと媒体を全てチェックすることもできないため機会損失になります。またそもそも新卒を募集するところはまず無いので通常の方法をとっても駄目だと思いました。

そこで私は、経営TOPに直接聞くというやり方を決意しました。方法はいたって簡単ですが、ある程度の行動力が必要でした。しかし私は、絶対に社会保険労務士事務所で働くんだと決意してましたので行動にうつるのは早かったです。


その方法とは・・・・

タウンページで「社会保険労務士事務所」のページを開いて、福岡市内の事務所に片っ端から電話をして人材を募集してないかを聞くicon59

「採用チームなどに書類で落とされてたまるか!直接、TOPの人と話して熱意を伝えてやる!」という意気込みでした。

そして、受話器を片手にビジネスマナー研修も習っていない新人が電話をしました。
タウンページに大きく広告を出してる=資金に余裕があり成長しようとしてる事務所と踏んで大きな広告を出してる事務所から順番に電話をしていきました。
20件ほど電話をしましたが空振り。しかし、先生がたと直接話をしていくうちに励ましの言葉をもらったり、「人材募集をする時は必ず連絡をするから連絡先を教えてほしい。」など嬉しい事も多く電話はまったく苦になりませんでした。

そして遂にある先生が、私に会いたいと回答してくれました。この時は本当に嬉しかったicon59

私の人生の第一ステージがやっと始まる・・・
と勝手に合格したあとを考えてました(笑)

そして履歴書を準備し、就職試験日を迎えることとなりました

次回につづく・・・・  


社労士事務所就職活動(20代の社労士開業への決意vol8)

実務を学ぶ為に、社会保険労務士事務所への就職を決意した私は、大学卒業時の就職活動と同じやり方で就職先を探してました。


7.社会保険労務士事務所への就職活動(基本編)


1.まずは新卒(本当は既卒ですが)としてリクナビに登録

2.そして勤務地を福岡として条件設定
   ⇒将来は福岡で開業をする予定でしたので役所や企業文化の特徴を知りたかった
    のと福岡の社労士の先生方を知りたかったからです。

3.社会保険労務士事務所を探してみる。。。。



探してみる・・


探してみる・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・
無い!!


現在は企業としてリクナビに掲載する立場のため分かりますが、費用対効果を考えるとリクナビを利用する社労士事務所は少ないでしょう。そもそも社労士事務所で人を雇用するということは本当に稀です社員が4人もいたら大きな事務所の部類に入ってきます。その構成員の一人として新卒を入れるところはほとんどありません。上記理由からリクナビで200万円を支払って新卒採用をする事務所などは皆無。
※もし私が将来、例え一人でも新卒を採用したいと考えた時はリクナビを活用します。 本当に良い人材が採用できれば200万円は安いものです。この詳細は後日、掲載します。


次に私がとった行動は

1.ハローワークに行く

2.求人検索システムを使って探してみる。。。。

   

・・・・・よし、1件あった!!

しかし、年齢制限と実務経験から応募基準を満たしてない。
諦めるのも悔しいため「当って砕けろ」の精神でハローワーク職員に相談したが、本当に砕けました

その次に私がとった行動は

1.インターネットで社労士事務所を探す

2.そのホームページで求人欄を見る。。。。

そもそも、2000年当時、HPを立ち上げてる社労士事務所は福岡では少なく、しかも求人情報を掲載してる事務所は0でした。


さらに私がとった行動は

1.求人情報誌を毎週購入

2.その中から社労士事務所を探す

結果、毎週掲載されてる社労士事務所がありました。怪しいなと思いつつも電話して履歴書と自己PR書を送付(職務経歴書はありません)

10日後、送付した履歴書と自己PR書が返送。選考結果や送付状などの添付文章は何も無し。不合格通知を作成する知識も無いのかとあきれました(逆ギレicon79八つ当たりicon79


つまり普通の就職活動方法では完全に手詰まりとなったのです。
そこで、私が取った行動は・・・・・・

次回につづく・・・  


集客方法